アイリスの道なりや山裾に咲く花ブログ(*^^*)

アクセスカウンタ

zoom RSS H1319:フェンス際に咲いた八重の柏葉紫陽花や『額紫陽花と本紫陽花の話。』など。

<<   作成日時 : 2018/06/10 04:00   >>

ナイス ブログ気持玉 208 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は山裾のフェンス際に咲いた八重の柏葉紫陽花や本紫陽花など紹介したいと思います。

画像


フェンス際に咲いた八重の柏葉紫陽花や青紫系の本紫陽花。
画像


ピンクの花も咲いています。
画像


ぱっと見、青紫系の柏葉紫陽花が咲いているのかと思いました。
けれども、良く見ると、白い柏葉紫陽花は花びらが八重ですし、
青紫の花の花びらは一重なのですね。
画像


青紫系の本紫陽花。
画像


山側に目をやると、
ピンク系の本紫陽花も咲いています。
画像


少し引いて。
八重の柏葉紫陽花とピンクの本紫陽花。
画像


もう少し引いて。
左側の柏葉紫陽花の柏の様な葉と右側の本紫陽花の丸い葉の違いが、
良く分かるかなと、アップしました。
画像


画像


フェンス際の柏葉紫陽花の柏の葉の様な葉。
画像


ぐーとあっぷ。
画像


本紫陽花の左側の花(実は咢)と右側の葉。
画像


『額紫陽花(ガクアジサイ)と本紫陽花(ホンアジサイ)の話。』
どうしたものか、こちらの山裾や道なりでは、
この時期、八重の柏葉紫陽花にいろんな所で出会います。
柏葉紫陽花はそういうわけで、私もよく紹介しています。
それで、柏葉紫陽花は北米原産で、
一重と八重の白い花を咲かすのはよく知っていましたが、
気が付けば、ガクアジサイとホンアジサイの事はあまり知らないなと、
今日はちょっと調べて見ました。
私は紫陽花って言うと、丸い手毬の様な花姿の「本紫陽花」が、
「本」と、付きますし、もともとの紫陽花で「額紫陽花」が、
「本紫陽花」から改良されたのかと思っていました。
そうしたら、それは大きな勘違いで、もともと日本原産の「額紫陽花」が、
西洋に伝わって、イギリスなどで東洋の花として人気が上がり、
品種改良が進み、西洋紫陽花として、大正時代に日本に逆輸入されたそうです。
つまり、紫陽花には大きく分けて二つのタイプがあり、
平べったい花姿で、周りに額縁の様に花びらのある日本原産の「額紫陽花」と、
花が「手毬」の様に集まった日本原産の「額紫陽花」から、
品種改良されて生まれ大正時代に逆輸入された「本紫陽花」です。
初めに紹介しました様に、「本紫陽花」が「本」と付くので、
日本原産の花かと私は勘違いしていたのですが、
花サイトには、「本紫陽花」の事を、別名「西洋紫陽花(せいようあじさい)」と、
ハッキリ明記してあり、
今ではこちらが普通のアジサイになってしまっていますと、コメントしてありました。
何も知らなかった私は、なるほどなるほど、そういうことだったのかと紹介させて頂きました。

最後まで、ご覧頂きまして、ありがとうございます。アイリス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 208
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
住んでいるマンションの敷地には沢山の紫陽花がありますが、そこにはセイヨウアジサイと名札が付いていて、何故セイヨウが付くのかと今納得した気分です。額紫陽花はガクアジサイと書かれています^^
JK
2018/06/10 06:06
アジサイについて多くの人が誤解しているので説明させていただきます。日本に自生するアジサイはヤマアジサイ、エゾアジサイ、ヒメアジサイ、ガクアジサイです。いずれも額ブチ咲きとテマリ咲きがあります。紛らわしいのはガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)です。多くの人が額ブチ咲きをガクアジサイと思っていることです。もちろんガクアジサイにもテマリ咲きがあります。古くから栽培されている日本古来のアジサイです。(テマリ咲きは額ブチ咲きの変種ですが先に世界に紹介されたのがテマリ咲きなのでこちらが本種で額ブチ咲きが変種扱いです)
日本では品種改良は進みませんでしたが江戸時代に欧州に渡り盛んに品種改良がなされ「西洋アジサイ」または「ハイドランジア」として逆輸入されました。今では日本でも品種改良が進みたくさんの品種が出来ていますので人工交配で作成されたものを「園芸アジサイ」と呼んでいます。ちなみにガクアジサイのテマリ咲きを「ホンアジサイ」と呼んだのは江戸時代の1781年ごろの「松前誌」と言われています。
river
2018/06/10 07:00
JKさん、おはようございます。

私も、色々と不思議に思うと調べるのですが、
どうも、私が調べたのはうわべの情報だったようで、
より詳しくは、riverさんが丁寧に説明されていますので、
是非、その後にコメントされていますriverさんのコメントを、
お読みください。
とても、勉強になりました。

いつも、コメント、ありがとうございます。
アイリス
2018/06/10 09:30
riverさん、おはようございます。

私も何も知らないもので何故「本紫陽花」が、
「本」と、西洋から逆輸入された紫陽花に、
付いているのかと不思議に思っていました。
コメントを拝見させて頂き、「手まり咲き」の「額紫陽花」が、
ある事、江戸時代の1781年に「本紫陽花」と呼ばれて、
「松前誌」に掲載されていることなど、初めて知りました。
私は、よくパソコンの花サイトで調べるわけですが、
掲載されている事がすべて正しいとは限らないのだなと、
とても、よく分かりましたし、
花たちの事ってとても奥が深いんだなと改めて思いました。

いつも、丁寧に教えて頂き、ありがとうございます。
アイリス
2018/06/10 09:44
ヤマアジサイとガクアジサイなどが自生種でてまり咲きは園芸種だと思ってました。変種だったんですねぇ…

向こうで人気になって出戻りみたいな感じというものなんとなくは聞いてたんですけど…やっぱそういうことかw

あ、今年交流戦意外や意外セリーグ健闘してますね…首位ヤクルトには色々複雑ですがw
月奏曲
2018/06/10 19:57
月奏曲ちゃん、こんばんは。

私もいろいろ調べて見てコメントしたつもりですが、
より詳しくriverさんにコメント頂き、すごくと納得しました。
明日朝、もう一度、いろいろと、書いていますので、
改めて見てくださいね。

今日も、ツッツーは最高でしたね。
今永投手に勝ちが付いて良かったってラミネス監督も、
コメントしていましたね。
「筒香のスリーランも素晴らしかったですが、
桑原、神里、宮崎も良い働きをしてくれた。」
とも、言っていましたね。
3連勝、5割復帰、おめでとうございます。

いつも、コメント、ありがとうございます。
アイリス
2018/06/10 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
H1319:フェンス際に咲いた八重の柏葉紫陽花や『額紫陽花と本紫陽花の話。』など。 アイリスの道なりや山裾に咲く花ブログ(*^^*)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる